/

藤田観光、従業員の基本給3~16%減額 3月から

新型コロナの影響で、観光業界は大きな影響を受けている(東京都内のワシントンホテル)

藤田観光は11日、3月から全従業員を対象に基本給の3~16%を減額すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で業績が急速に悪化していることに伴う措置。同時に、2月に実施した希望退職募集について315人が応募したと発表した。

同社は既に2020年4月から執行役員以上の役員報酬をカットしているほか、同11月から管理職の基本給を5%減額している。賃金カットや希望退職の募集で22年の人件費を19年比3割減らす計画を公表しており、20年冬は全従業員の賞与支給を取りやめた。

これに加え、3月以降は全従業員を対象とした基本給減額を実施する。全従業員の賃金カットにより、21年の人件費を4億4800万円削減できる見込みだ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観光業界は大きな影響を受けている。藤田観光の20年12月期連結決算は、最終損益が224億円の赤字(前の期は2億8500万円の赤字)、売上高は前の期比61%減の266億円だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン