/

この記事は会員限定です

電力シェアリング、農家の余剰電力を融通

[有料会員限定]

電力取引仲介を手掛ける電力シェアリング(東京・品川)は2020年中に、農家同士が再生可能エネルギーで生み出した電力を取引できる事業を始める。自宅や農地の太陽光発電などで余った電力をやりとりすることで、自然環境に優しい野菜の栽培や流通につなげる。

環境省からの受託事業として始める。取引はスマートフォンアプリを通じ、農家が相対で実施する。太陽光や風力による発電量のうち自家消費分をスマートメーターで常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン