/

この記事は会員限定です

日産、欧州向けEVを日本から 英工場で生産せず

日英EPAを活用

[有料会員限定]

日産自動車は欧州で2021年に発売する新型電気自動車(EV)を日本から輸出する。英国の欧州連合(EU)離脱で両地域間の関税増が懸念されるなか、既存の英国工場は活用せずに日本で集中生産する。日本から欧州へ輸出する乗用車の関税は貿易協定で26年までにゼロとなる見通し。同地域でのEV需要を国内生産に生かし部品供給網を維持する。

欧州への輸出を決めたのは日産の新型EV「アリア」。「リーフ」に続く約10年ぶりの世界展...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン