/

JAL、コロナ治療費など補償 全国際線の陽性者に

JALやジップエアは新型コロナへの補償を無料で提供し需要喚起につなげる

日本航空(JAL)は11日、国際線の全乗客を対象に新型コロナウイルスで陽性と判定された場合の医療費などを補償するサービスを始めると発表した。同様のサービスは日本の航空会社で初めて。24時間対応の相談窓口も設置する。海外渡航への不安を軽減し、国際線の利用回復につなげる。

新サービスの名称は「JALコロナカバー」で、旅行保険のアリアンツトラベルと提携し提供する。期間は12月23日から2021年6月30日の搭乗分まで。JALが運航する便の利用者を対象とする。滞在先で最初の搭乗日から31日以内に陽性と判定された場合、治療費を最大15万ユーロ(約1900万円)、検査に関連する隔離のための宿泊費用を1人1日当たり最大100ユーロ、最長14日間補償する。

JAL傘下の格安航空会社(LCC)ジップエア・トーキョー(千葉県成田市)も同様の補償を成田ーホノルル線の利用者全員に実施する。

JALは同日、12月から2021年1月の国際線の運航計画を発表した。羽田ーシンガポール線を15日から週3往復便で再開、羽田発バンコク行きの往路便も週3便で再び運航を始める。また羽田―ロンドン線の深夜便の運航も再開するほか、羽田―パリ線を週4往復から週5往復に増便、成田―ジャカルタやハノイ発成田行きも増便する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン