/

この記事は会員限定です

日産、EV電池「第2の人生」 値崩れ抑制でテスラ追う

[有料会員限定]

日産自動車が電気自動車(EV)で耐用年数を迎えた車載電池を再利用する取り組みに挑んでいる。量産型EV「リーフ」の発売から10年たち、鉄道からビルの定置型電池まで再利用の裾野を広げる。EVは電池の劣化が進むと中古車価格が値崩れする傾向がある。EVでは米テスラなどが先行しており、電池の価値を高めて電動車戦略を再構築する。

東日本大震災から10年を迎えた福島県浪江町。日産自動車の内田誠社長兼最高経営責...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン