/

この記事は会員限定です

コロナで「配信型」営業が増加 Webセミナー運営活況

ブイキューブ、11月の受注3倍

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染防止の観点から対面営業が難しい状況が続く中、代替手段となるオンラインセミナーが増え、セミナー運営サービスが活況を呈している。配信代行を手がけるブイキューブは11月に例年の3倍超の約800件を受注。300人規模だった配信事業の体制を500人に強化した。足元の感染者も増える中、需要は当面、高止まりしそうだ。

自社製品を説明するセミナーは、製薬業や金融業を中心にオンラインへ切り替える企業が増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン