/

この記事は会員限定です

ミクシィ、自社AIで会話ロボ スマホゲームに続く柱

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ミクシィが自社で開発したAI(人工知能)を搭載したロボットを21日から発売する。手のひらサイズのロボットで、呼びかけるとAIが機械音声で応対し身ぶりや表情も変わる。主力のスマホゲーム事業の次の柱として創業者の笠原健治会長自ら陣頭に立って育成していく考えだ。2021年度に1万台の販売を目指す。

「Romi(ロミィ)」を発売する。本体価格は44800円(税抜き)で、別途月額のサービス料金が980円(税抜き)か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン