/

この記事は会員限定です

国内スタートアップ買収、20年は微減 コロナで海外低迷

[有料会員限定]

大企業による国内スタートアップの買収が鈍化している。2020年のM&A(合併・買収)件数は1136件と過去最高だった19年から3件減った。調査を始めた12年以降、初めて前年実績を下回った。デジタル化を進めたい企業のスタートアップ投資は旺盛だが、長期化する新型コロナウイルスの流行による渡航制限で海外企業による買収が落ち込んだ。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)によると、20年の日本企業による買収は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン