/

この記事は会員限定です

電動バイク投入広がる、ハーレーなど 環境規制後押し

[有料会員限定]

二輪メーカー各社が電動バイクの投入を本格化している。米大手ハーレーダビッドソンは初となる電動バイクを日本に2021年春に投入。ホンダもハイブリッド車(HV)の新型モデルや、屋根付きの宅配用三輪バイクを発売する。これまでバイクはガソリン車一辺倒だったが、国内外で環境規制が厳しくなっており電動化対応を進める。

ハーレーは初の電動バイク「ライブワイヤー」の予約を2020年12月に日本で始めた。納車は21年春を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン