/

ヤフー、ECの物流受託料金を全国一律に

ヤフーは10日、ネット通販モール「ヤフーショッピング」の出店者向けの物流受託料金を、4月から全国で統一すると発表した。連携先のヤマト運輸が商品の保管、梱包、配送を担うサービスで、従来は出店者ごとに料金が異なっていた。実質的な値下げとみられる。出店者の負担を軽くして受託件数を増やし、配送品質を向上させる。

物流受託の新料金は、荷物の3辺が合計60センチ以内の場合は税抜き382円で利用できる。単純比較はできないが、アマゾンジャパンが公表している物流受託の料金と同程度の設定が多い。ほかに保管料などがかかる。ヤフーは2022年3月まで、受託配送1回あたり最大120円を出店者に還元するキャンペーンも行う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン