/

NECや日立など、スーパーシティのデータ連携を検討

NEC日立製作所、アクセンチュア(東京・港)、データ社会推進協議会(DSA)は10日、内閣府が推進するスーパーシティ構想の実現に向けたデータ連携基盤の調査業務を受託したと発表した。データ連携の仕組みであるAPIの仕様や、データモデル、データ連携の相互運用性の確保に向けた方策などについて調査・整理する。調査業務は2020年11月から2021年3月まで。調査結果は21年春ごろに選定されるスーパーシティエリアに構築されるデータ連携基盤などに使われることが期待されている。

NECは全体を統括し、データの仲介機能やデータ連携基盤を運用する上での必要事項について検討する。日立製作所はAPIのカタログや開発者向けサイトの仕様などを検討し、データ連携基盤の接続検証を行う。アクセンチュアはAPIの仕様や共通ルールの検討など、DSAはデータモデルの検討などをそれぞれ受け持つ。

検討の対象となるデータ連携基盤は、人工知能(AI)などの先端技術を使って住みやすい都市を実現するスーパーシティの中核的な役割を担うシステム。行政や企業、個人が保有するデータを収集・整理し、行政手続きや企業活動、教育、観光といった分野のサービスに提供する。(矢口竜太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン