/

20年の国内音楽市場2727億円、デジタル増も全体は9%減

日本レコード協会(東京・港)は10日、2020年の国内のCDなど音楽ソフトと音楽配信の売上高が前年比9%減の2727億円だったと発表した。ストリーミングなどデジタル音楽配信が11%増え、全体の3割を占めた。市場全体では2年連続で減少した。

2020年の日本レコード協会に加盟する売り上げ実績を集計した。ダウンロードやストリーミング配信を含むデジタル音楽配信の売上高は前年比11%増の783億円だった。特にストリーミング配信の売上高が27%増の589億円と伸長し、音楽配信の75%を占めた。ダウンロードは179億円で前年から2割減った。

CDなど音楽ソフトの売上高は前年比16%減の1944億円だった。19年は2割程度だったデジタル比率は3割程度に増えた。

世界ではストリーミングの売上高が全体の5割を超える。日本は海外に比べCDの売上高の落ち込みが緩やか。ストリーミングサービスの利用者が増えており、今後デジタル比率は高まりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン