/

この記事は会員限定です

JDIキャロン会長「22年1~3月期に黒字化めざす」

[有料会員限定]

ジャパンディスプレイ(JDI)のスコット・キャロン会長兼最高経営責任者(CEO)は10日、オンライン会見で「2022年1~3月期に(営業損益に現金支出を伴わない減価償却費を足した)EBITDAの黒字転換を図る」と話した。主力のスマートフォン向け液晶パネル市場が縮小するなか、新製品の開発や医療など新規分野の開拓を急ぐ。

JDIは20年12月末、菊岡稔前社長が退任し、キャロン氏がCEO職を引き継いだ。キャロン氏がトップに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り507文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン