/

共同購入アプリのX Asia、1.8億円調達

食料品の共同購入アプリを提供するX Asia(エックスアジア、東京・渋谷)は、ベンチャーキャピタル(VC)のANRI(アンリ、東京・渋谷)など計3社から第三者割当増資で1億8千万円を調達した。調達資金は新たなシステムの開発に加え、エンジニアなどの採用や商品ラインアップの拡充にあてる。

X Asiaが提供するアプリ「カウシェ」は共同購入の進捗も簡単に確認できる

同社は友人などが共同で食料品を購入できるアプリを9月から提供している。2人以上で同じ商品を購入すると、通常価格の1~3割引きで購入できる。購入後に発行されるリンクをLINEなどのSNS(交流サイト)で共有し、購入したい人を探すだけで割り引かれる。24時間以内に共同購入者が見つからなければキャンセルとなり、購入金額は返金される。

出品者は中小の食品メーカーなど。自社で電子商取引(EC)サイトを開設するより、SNSなどを通じて効率的に拡販できるという。注文が成立した場合、商品価格の10%を手数料としてX Asiaに支払う。

これまでの3カ月で一度に170人が購入した商品もあった。1人当たりの平均購入回数は月3回という。今は食料品のみだが、将来的には日用品や家電などの取り扱いも目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン