/

武田薬品、ドローンで離島に医薬品配送実験 ANAと

武田薬品工業とANAHDはドローンを用いて離島に医薬品を運ぶ実験をする

武田薬品工業は10日、ANAホールディングス(HD)と共同でドローンを使って医薬品を配送する実証実験を22日に始めると発表した。オンライン診療で処方した医薬品を長崎県の離島の間で搬送。定期船と陸路による配送と比べ30分以上時間を短縮する。離島に住み通院が難しい患者に対し、持続的に医療を提供する体制を整える狙いだ。長崎大学や五島市、NTTドコモなどと協力する。

実証実験では処方箋医薬品を長崎県五島市の福江島から16キロメートル離れた久賀島に向けて運送する。インテグリティ・ヘルスケア(東京・中央)が提供するシステムを利用してオンライン診療と服薬指導をしたのち、患者の自宅に向けてANAHDのドローンを飛ばす。長距離輸送に向く翼を固定した型のドローンを使うことで迅速に医薬品を届けられるという。

緊急性の高い医薬品を医薬品卸を通じて診療所にドローンで運搬する実験も実施する。武田薬品は「医薬品卸と協力して医薬品を流通させるノウハウを生かす」といい、二次離島をはじめとした地域医療の拡充に向け行政とも連携を続ける予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン