/

この記事は会員限定です

法律事務所、サイバー攻撃の標的に 大手が対策強化

[有料会員限定]

個人や企業の機密を扱う法律事務所がサイバー攻撃の標的になりつつある。事務所のシステムに侵入するなどして保有する顧客の情報を狙う手口で、海外では米グーグルや歌手のレディー・ガガさんなどの情報が漏洩。国内でも被害が生じている。大手事務所は最新の防衛策を導入するなど対策を強化している。

「法律事務所は訴訟関連や知的財産など、各社の高度な機密情報を多く扱う。他の大手事務所の担当者と話していても強い危機感を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2281文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン