/

この記事は会員限定です

NTT・NEC、「日英同盟」で崩すファーウェイ覇権 

ポスト5Gの胎動 日の丸連合の逆襲(4)

[有料会員限定]

「多くのベンダーの機器を相互接続して通信できるようになった。実際にこれを見せたことの意義は大きい」

通信関連の研究開発拠点が集まる横須賀リサーチパーク(YRP)。さまざまな通信機器メーカー(ベンダー)の基地局を相互接続するイベント「O-RAN Plugfest/PoC」が2020年9月末に開かれ、この様子を見たNTTドコモの谷直樹常務執行役員は大きくうなずいた。

O-RAN Plugfestは、さまざまな基地局製品を自由に組み合わせて使えるようにする「Open RAN」の業界団体「O-RAN Alliance」が主催。世界5カ所で同時開催された。日本会場ではドコモとKDDI、ソフトバンクの大手3社がホストとなり、日本と中国の会場にはNEC富士通、韓国サムスン電子、米マベニア(Mavenir)、米JMAワイヤレスなど10社以上のベンダーや部品メーカーが参加した。

携帯電話の基地局はアンテナと無線装置(RU:Radio Unit)、無線制御装置(DU:Distributed Unit、CU:Central Unit)で構成する。アンテナで送受信した電波から信号を取り出して処理するのがRU、ベースバンド処理と呼ばれる信号からデータを取り出して処理するのがDUやCUだ。

携帯電話の標準化団体「3GPP」はこれらの機器をつなぐ標準仕様を策定している。しかし仕様が不十分で、基地局を構成する機器類はこれまで1社にそろえる必要があった。携帯電話事業者の設備投資の7割は基地局分野が占めるといわれる。これが中国の華為技術(ファーウェイ)やスウェーデン・エリクソン、フィンランド・ノキアの3社寡占につながる要因の1つとなった。

5Gで世界情勢が変化、「1社に頼るのではなく複数社で」

大手ベンダーの囲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン