/

この記事は会員限定です

売れたカギは絆と大人 「ヒット番付」開発話まとめ読み

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

毎年恒例の「日経MJヒット商品番付」。2020年に番付入りした商品の中から特色のあるものを選び、ヒットにつながった開発の着眼点、マーケティングの着想点を「着眼点に迫る」と題して5回連載で紹介しました。コロナ禍で日常が大きく変わるなか、新しい消費の形がどのように芽吹いたのかを振り返ります。

【1】緑茶3番手、「緑色」の逆襲 サントリー「伊右衛門」
1回目はサントリー食品インターナショナルの緑茶飲料「伊右衛門」。市場シェア3位に甘んじていた同商品を回復に導いたのは、実現が難しいとされてきた「きれいな緑色」へのこだわりだった。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン