/

この記事は会員限定です

自社内乗り換え手数料撤廃へ ソフトバンクとKDDI

[有料会員限定]

ソフトバンクは9日、自社内で携帯通信ブランドを乗り換える際の手数料をネットに限って無料にすると発表した。KDDIも同日、完全無料化を発表。現在は両社とも最大1万5500円の手数料がかかっており、「乗り換え競争につながらない」として菅義偉政権が批判を強めていた。

ソフトバンクとKDDIはそれぞれ、自社の主力ブランドから安価なサブブランドに乗り換える際に、契約解除料を最大9500円、転出手数料3000...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン