/

この記事は会員限定です

量子コンピューターで鉄道運用最適化 グルーヴノーツ

[有料会員限定]

量子コンピューターや人工知能(AI)を使った事業を手掛けるグルーヴノーツ(福岡市)は、JR九州と鉄道車両の運用を最適化する検証を始めた。量子コンピューターの演算技術を使って少ない車両を効率的に運用するモデルの構築を目指す。

福岡県内の福北ゆたか線と若松線を走る車両で検証する。時間帯ごとの乗客数や車両の検査時間、清掃作業の時間と場所などを踏まえ、量子コンピューターやAIを使って最も運用効率の高いシミュレーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン