/

この記事は会員限定です

起業家、精神面の「受け皿」必要 家入一真氏

CAMPFIRE社長

[有料会員限定]

日本の開業率は4~5%台、廃業率も3%台と、米欧の10%台と比べて低い。政府は2018年に閣議決定した成長戦略で23年までに、企業価値10億ドル(約1040億円)以上の未上場の「ユニコーン」など有望な新興企業を20社つくる目標を掲げた。起業の裾野が広がる側面はあるが、失敗時の精神面の受け皿も必要だ。

私がCAMPFIRE(キャンプファイヤー)というクラウドファンディングの企業を設立して1年後の12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン