/

この記事は会員限定です

武田、芽吹くか大型買収 新薬12種で1.4兆円増収狙う

[有料会員限定]

武田薬品工業は9日、2024年度までにがん治療薬など12種類の新薬を投入し、関連売上高を最大で1.4兆円にする中期計画を明らかにした。6兆円強を投じて買収したシャイアーが開発した臓器移植後の感染症治療薬など希少疾患領域をがん領域と並ぶ新たな収益の柱に位置づける。他社連携による創薬にも力を入れる。

「高い目標だが現実的だ」。クリストフ・ウェバー社長は9日、オンラインで開催した研究開発(R&D)説明会でこう述べた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン