/

この記事は会員限定です

コカ・コーラ、オーツ麦で「第3のミルク」 環境負荷低く

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本コカ・コーラはオーツ麦から作った牛乳の代替飲料を販売する。アーモンドやオーツ麦などから作る植物性飲料は、牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」とも呼ばれる。牛乳に比べ製造過程の環境負荷が低い。日本は世界に比べ流通が始まったばかりで、エシカル(倫理的)消費を掘り起こせる余地があると判断した。

オーツ麦を使った「オーツミルク」を29日に、都内を含む関東・東海エリア13都県のスーパーなどで販売する。価格は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1396文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン