/

この記事は会員限定です

調剤薬局、売却後も看板維持 経営者続投も

同業者への譲渡(3)M&Aキャピタルパートナーズ執行役員、土屋淳氏

[有料会員限定]

関西で約100店舗を運営する地域密着型のある調剤薬局(保険薬局)が今年、大手ドラッグストアに全株式を譲渡しました。資本の面では大手傘下に入るものの、調剤薬局の看板は維持し、経営陣も続投します。調剤薬局では、医療機関との連携や患者からの信頼など地元との付き合いが重要です。譲り受けた側が元の経営陣を重用し続ける例が少なくありません。

当社では2008年から調剤薬局を対象としたM&A(合併・買収)仲介に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン