/

この記事は会員限定です

アパレル、仕入れ最大4割削減 TSIは定価販売8割目指す

脱・安売り悪循環 コロナ下で商習慣見直し

[有料会員限定]

業績悪化に苦しむアパレル各社が、大量仕入れと安値販売という従来の商慣習の見直しを急いでいる。アパレル大手のTSIホールディングス(HD)は今春夏商品で仕入れを前年比2割減らすほか、定価販売の割合を8割に引き上げる。カジュアル衣料のライトオンは仕入れを最大4割減らす。過剰在庫の発生を抑え、確実に売れる商品を定価で販売して収益を改善させる狙いだ。

店頭セール廃止を拡大、D2Cに注力

TSIHDは2021年春夏商品の仕入れを、ブランド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1654文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン