/

この記事は会員限定です

「時計の針が戻るとは」 ミャンマー巡り戸惑う企業

ミャンマー政変(4)

(更新) [有料会員限定]

シンガポールの実業家リム・カリンは9日、ミャンマー企業バージニア・タバコの持ち分を手放すと表明した。この会社には、同国の軍人らが株式を保有する国軍系企業ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)が出資する。リムは国軍のクーデターに「深刻な懸念」があると指摘した。

7日には「ミャンマーに正義を」と名乗る組織がインターネット上で、シンガポールのゲーム機器開発企業レイザーに、共同創業者のリム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン