/

この記事は会員限定です

NECとJAL、狙うは空飛ぶクルマの司令塔

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

「空飛ぶクルマ」の実用化に向けて、欠かせないのが安全かつ円滑に機体を運行する仕組みづくりだ。NECは機体同士や地上と交信するシステム構築に着手。日本航空(JAL)も運航の管理づくりを進めるなど、運用面での取り組みも本格化している。

NEC、管制システムに的

NECがIT(情報技術)を駆使した幅広い事業領域を展開する強みを生かし、「空飛ぶクルマ」の研究開発に乗り出している。航空管制などで培った技術力を発揮すること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4822文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン