/

この記事は会員限定です

星野リゾート、離島ホテルで海水淡水化 脱炭素に

[有料会員限定]

星野リゾート(長野県軽井沢町)は13日、離島の竹富島(沖縄県竹富町)で運営する「星のや 竹富島」で飲料水の自給を始める。敷地内に海水淡水化装置を設け、1日あたり約60㌧の飲料水をつくる。これまで客室などに置いていた年間約4万本のペットボトルを不要とし、環境意識の高い観光客へ脱プラスチックをアピールする。

地下からくみ上げた海水を特殊な膜で淡水化する装置を導入する。竹富島は生活用水を石垣島からの海底...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン