/

この記事は会員限定です

東芝、問われる「失地回復」の先 揺らぐ成長戦略

(更新) [有料会員限定]

1月末に約3年半ぶりに東京証券取引所第1部に復帰した東芝が成長フェーズに入れるかが焦点になってきた。12日に発表する2020年10~12月期の連結営業利益は前年同期を上回ったようだ。15年に表面化した不正会計問題で陥った経営危機からの再建は、事業構造改革により業績は安定しつつある。ただ、20年11月に打ち出した、データや再生可能エネルギー事業強化の成長戦略の内容を疑問視する大株主もいる。薄氷の再建は続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2138文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン