/

この記事は会員限定です

東京ガスの内田社長「水素製造のコスト低減へ専門組織」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京ガスの内田高史社長は日本経済新聞の取材に応じ「水素の製造コストを下げる技術開発などを担当する専門組織を、2021年4月に立ち上げる」と述べた。政府は30年ごろに1N立方メートル(ノルマルリューベ=標準状態での気体の体積)あたり30円という目標を掲げているが、それを下回る価格を実現したいという。

現在、水素のステーションでの販売価格は1N立方メートルあたり100円程度する。同社はコスト低減に向け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン