/

この記事は会員限定です

京セラ、ARで物流効率化 作業時間15%削減

[有料会員限定]

京セラは拡張現実(AR)技術を活用し、検品などの物流作業を効率化する。倉庫の作業員が必要なデータを声に出すと音声で入力され、装着したARグラスに映し出す。紙やバーコードを使った手作業を減らすことにより作業時間を約15%短縮するのを狙う。

横浜中山事業所(横浜市)で、人材サービス会社のアウトソーシングテクノロジー(東京・千代田)と共に実証実験をこのほど始めた。効果を検証し、他の工場への導入を検討す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン