/

マルハニチロ、ベトナムの水産加工を子会社化

マルハニチロは8日、水産加工を手がけるベトナムのサイゴンフードジョイントストックカンパニーを連結子会社化すると発表した。サイゴンフードは魚を切り身に加工しマルハニチロなどに出荷するほか、同国内で自社ブランドのレトルト食品なども販売する。マルハニチロはサイゴンフードの販路や拠点を活用し、同国での事業展開の足がかりにしたい考えだ。

ベトナム国内のスーパーに並ぶサイゴンフードジョイントストックカンパニーの加工食品

投資額やサイゴンフードの売上高などは非公開。1月末に発行済み株式の57.9%にあたる1158万株を個人から取得する。マルハニチロによると業績への影響は軽微という。

サイゴンフードは本社はホーチミン市に置く。業務用にサバやアジを切り身に加工するほか、同国内で「SGフード」ブランドで、レトルト食品や冷凍食品なども販売している。生産能力は年間1万6000トンで、マルハニチロは2017年から魚の切り身を製造委託していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン