/

この記事は会員限定です

千代田化工、カタールのLNGプラント受注 1兆数千億円

(更新) [有料会員限定]

千代田化工建設はカタールの国営石油会社から、液化天然ガス(LNG)プラントの設計、調達、建設業務を受注した。年産能力が計3200万トンの液化処理設備で、2025~27年の完成を目指す。脱炭素の流れを受け、二酸化炭素(CO2)を回収・貯留する設備も設置する。受注額は1兆数千億円とみられ、日本企業が受注したLNGプラントで最大級となる。

仏大手エンジニアリング企業のテクニップ社と共同で、国営石油会社のカタール・ペト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン