/

大日本印刷、指紋認証可能な「フェリカ」対応カード開発

指紋センサーを使った本人認証で、なりすましを防ぐ

大日本印刷(DNP)は8日、指紋認証を可能にした非接触IC「フェリカ」対応の生体認証カードを開発したと発表した。カードの裏側に指紋センサーを搭載した。指でセンサーに触れながらカードをリーダーにかざして本人認証する。入退室管理や電子マネー決済への利用を見込む。既存のフェリカ対応のカードリーダーを活用できる。2021年度内の製品化を目指す。

カードに指紋情報を登録し、カード内のセンサーで認証する仕組み。既存のフェリカ対応のカードリーダーをそのまま利用できる。サーバーの改修も不要にするなど導入コストを抑えたのが特徴。企業側が指紋データを保存するサーバーを用意する必要がなく、データの管理負担も軽減する。

2月から同社社内で実証実験を開始。耐久性や温度変化による影響を検証し、実用化を目指していく。社員証や電子マネーカードを落とした場合でも、指紋を認証してなりすましによる悪用を防ぎ、企業の内部情報の漏洩リスクに対応する。機密情報を取り扱うオフィスがある企業や電子マネーを発行する事業者からの需要を見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン