/

この記事は会員限定です

丸紅、EV活用した電力調整 英国で実証実験

[有料会員限定]

丸紅は英国で電気自動車(EV)を蓄電池として活用して電力需要を調整する実証実験を始める。太陽光発電で生じた余剰電力をEVにため、必要に応じて建物に供給する仕組みをつくる。再生可能エネルギー由来の電力を導入したい企業の導入を狙い、2022年以降の商用化を目指す。

ロンドン郊外の都市レッチワースの自動車販売店で、3月から1年間実証する。日産自動車のEV「リーフ」2台を使用する。太陽光パネルを屋根に設置して店舗の電力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン