/

この記事は会員限定です

「コロナは商機でもある」 外食、問われる経営の柔軟さ

瀬戸際の外食(4)

(更新) [有料会員限定]

「いらっしゃいませ。受け付けはこちらです」。1月、くら寿司が東京・渋谷に開いた新店は来店客と従業員との接触が一切無い。出迎えの挨拶は自動音声。来店客は案内機に人数を入力し、指定された席に移動する。自分のスマートフォンの専用アプリから注文し、会計はセルフレジで済ます。店内スタッフは片付けと客からの呼び出しに集中する。

新型コロナウイルス下で他人との接触は極力控えたい。友人と来店した女子高生(18)は「卒業式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン