/

ワタミ、直営の居酒屋83店を休業

渡辺会長、時短とあわせ「5~6億円の赤字」

ワタミは営業時間を午後8時までに短縮し、直営の83店舗は休業する

ワタミは8日、緊急事態宣言の再発令を受けて1都3県にある直営店100店のうち83店を同日から休業すると発表した。「ミライザカ」や「鳥メロ」などの居酒屋が対象で、焼肉店などの業態は午後8時までの営業とする。

記者会見した渡辺美樹会長は、2月7日まで約1カ月の休業や営業時間短縮で「5~6億円の赤字になる」と試算していることを明らかにした。休業などに伴い正社員約200人が食品スーパーに一時出向したり、弁当などの宅配事業に配置転換したりして雇用を維持する。

記者会見するワタミの渡辺美樹会長

今回の緊急事態宣言では、政府が時短要請に応じた飲食店への協力金を1店舗あたり1日最大6万円まで支給できるようにした。渡辺会長は「店舗の立地や規模によって必要な支援金の額は異なる。一律はあまりに乱暴だ。もっと丁寧な補償はできないのか問題提起したい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン