/

この記事は会員限定です

続くリモートワーク下での働き方、ジョブ型のあり方議論

世界デジタルサミット2021

[有料会員限定]

2日目となる8日午前の世界デジタルサミット2021(日本経済新聞社・総務省主催)では「ポスト・ニューノーマル時代のワークスタイル」をテーマにしたパネル討論が開かれた。米アドビ日本法人の神谷知信社長、シナモンの平野未来社長ら5氏が参加し、リモートワークが浸透したコロナ下以降の次世代の働き方について議論した。

シナモンの平野氏は同じ空間にいることで同僚らと自然と共有されてきた経験やノウハウ「共有認知」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

デジタルサミット

日本経済新聞社は2021年6月7、8日の両日、「世界デジタルサミット2021」を開催しました。「ポスト・ニューノーマル~レジリエントな社会を目指して」をテーマに、人工知能(AI)や高速通信規格「5G」が支えるデジタル変革はコロナ収束後の社会をどう変えるのかを議論しました。


関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン