/

富士通、米スタートアップと「手ぶら決済」で協業

富士通は8日、レジ無し店舗技術などを手掛けるスタートアップ、米ブイコグニション・テクノロジーズの「Zippin(ジッピン)」と協業すると発表した。2021年3月までにジッピンのサービスを日本市場向けに再販する。21年9月までには富士通の生体認証技術を組み合わせるなどして、小売店舗向けに「手ぶら決済」サービスなどを提供する。

富士通はジッピンの総代理店として、人工知能(AI)を活用したレジ無し店舗技術を日本市場で売り込む。ジッピンは、店舗に設置したカメラや重量センサーを使い、商品や客の動きを正確に捉える。誰がどの商品をカゴに入れたかを自動で判別できるため、商品をレジに通す必要がなくなる。導入した店舗は省人化や在庫管理の効率化などが期待できる。

今後は、富士通が手掛ける手のひら静脈技術を活用するなどして、財布やスマートフォンによる支払いが不要な「手ぶら決済」を可能にする。非接触や省人化などが期待できるサービスとして、狭小スペースの小売店舗を中心に提供先を広げる。(水口二季)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン