/

三菱商事、ミャンマーで鉄道車両受注 690億円

三菱商事がミャンマーのヤンゴン環状線向けに納入する新型車両(イメージ)

三菱商事は8日、ミャンマー国鉄から同国の鉄道向けに新型車両計246両を受注したと発表した。契約総額は約690億円。ミャンマー最大の都市ヤンゴンの中心部を走る環状線向けに66両、ヤンゴンから首都ネピドーを通りマンダレーを結ぶ幹線鉄道向けに180両を納入する。開発資金には円借款が活用され、日本政府が進める鉄道インフラ輸出施策の一環と位置づけられる。

新型車両の導入により、約46キロメートルを走るヤンゴン環状線の走行時間は約170分から110分に、約620キロメートルを走行するヤンゴン―マンダレー幹線鉄道の所要時間は約15時間から8時間程度に短縮される。車両はスペイン最大手の鉄道車両メーカーであるCAFが電気系統などの一部に日本製機器を採用して製造し、2023年から25年にかけて順次納入する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン