/

この記事は会員限定です

三菱商事やNTTデータなど、貿易事務の電子化進展

貿易管理システム大手とデータ連携 

[有料会員限定]

NTTデータ三菱商事など民間7社でつくる貿易業務の完全電子化システム「トレードワルツ」は、10月から国内シェア首位の貿易文書管理システム「TOSSシリーズ」とデータ上で連携する。輸出入事業者がTOSSを使って入力した注文データをトレードワルツのネットワークを介して貿易業務に携わる税関や保険会社、銀行、船会社などと共有できる。事務手続きの電子化につながり、書類などでやりとりしていた業務の手間も軽減できる。

TOSSを開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン