/

この記事は会員限定です

企業向け健康支援のiCARE、15億円調達

[有料会員限定]

企業向けに健康支援のクラウドサービスを提供するiCARE(アイケア、東京・渋谷)は産業革新投資機構傘下のJICベンチャー・グロース・インベストメンツなど5つのファンドから15億円を第三者割当増資で調達した。調達資金で人材採用を進め、サービス拡充を図る。

アイケアは2011年の創業。健康診断やストレスチェックなど社員の健康情報をクラウド上で管理するサービス「Carely(ケアリー)」を16年から手掛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン