/

ショッピファイ 日本の流通額増加率が最高

11月末のセール

電子商取引(EC)システムのショッピファイ(カナダ)は11月末に行ったセール期間の流通額が世界で51億ドル(約5340億円)と、前年同期比で76%増えたと発表した。巣ごもり需要の高まりに加え、自社ECの販促を強化する事業者が増えた。日本の増加率は約4・5倍で、主要国で伸び率が最も高かった。

同社は11月27日~30日に「ブラックフライデー・サイバーマンデー」のセールを実施した。世界で前年比50%増の4400万人が、同社のシステムを利用する事業者から商品を購入した。国別の平均購入金額は日本が1万1090円と最も高かった。

ショッピファイ・ジャパンのマーク・ワング代表は記者説明会で、個人や企業が自社サイトで商品を売る「D2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)」について、「日本市場はまだまだ伸びしろが大きい」と強調した。

ショッピファイは8日、欧米、アジアの消費者を対象にした調査結果を公表した。新型コロナウイルスの影響が広がる中、「実店舗の買い物に不安を感じる」と答えた人の割合は日本で34%と、調査した10カ国で最も低かった。個人経営や地域のビジネスを「応援したい」という回答も、日本が最も低かった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン