/

ココン、19.5億円調達 サイバーセキュリティー事業に力

ココンのホワイトハッカーは企業の依頼を受けてシステム上への侵入を試み、セキュリティー上の脆弱性を見つける

セキュリティースタートアップのココン(東京・渋谷)は産業革新投資機構(JIC)やベンチャーキャピタル(VC)などから19億5000万円を調達した。事業の選択と集中を進め、サイバーセキュリティー分野の技術者の採用やM&A(合併・買収)などに充てる。

JIC子会社のJICベンチャー・グロース・インベストメンツ、YJキャピタル、三菱UFJキャピタルが第三者割当増資を引き受け、東京理科大イノベーション・キャピタル、ディープコア、千葉道場、大分ベンチャーキャピタルを引受先とする新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行した。

ココンはこれまでサイバーセキュリティーや人工知能(AI)分野を軸にM&A(合併・買収)で事業を多角化してきた。最近はサイバーセキュリティー事業の引き合いが強く、成長率も高いことから同事業に注力する方針を決定。調達した資金で、侵入テストなどを実施する「ホワイトハッカー」の採用を強化する。国内の企業を中心にセキュリティー関連企業のM&Aも進める。

ココンの倉富佑也社長は「コネクテッドカーやIoT機器などあらゆるものがネットにつながり、セキュリティーの脅威にさらされる対象が増えている」と指摘。テレワークの普及などでサイバーセキュリティー対策への関心が高まるなか、企業や官公庁の需要を取り込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン