/

この記事は会員限定です

キリン11年ぶり国内ビール首位 21年は家庭用争奪戦に 

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国内ビール大手4社の2020年のビール系飲料の販売量で、11年ぶりにキリンビールが首位に返り咲いた。4社の合計販売量が1割減る中、割安な第三のビールが好調だった。2位に転落したアサヒビールは主力「スーパードライ」の飲食店向けの販売減が響いた。21年は家庭需要が争点だ。アサヒは生ビールのように飲める缶ビールを投入し、巻き返しを図る。

20年の各社のビール系飲料の販売量をもとに試算した。20年のキリンの販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン