/

この記事は会員限定です

沈丁花の香り、音楽祭と東日本大震災

経営者ブログ 鈴木幸一 IIJ会長

[有料会員限定]

沈丁花(ジンチョウゲ)の香りが公園や路地に漂う早春は、「東京・春・音楽祭」の季節である。経営者という立場にあると、年度末の決算、来期の予算に始まって、組織・人事から技術開発のテーマまで、日常的には役員や社員に任せている会社の仕事が、目いっぱい降ってくる。次々とミーティングが重なるのだが、この季節になると、道楽だとやゆされている「東京・春・音楽祭」の状況が気になって、音楽祭のミーティングを優先してし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2341文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン