/

この記事は会員限定です

富士フイルム、見えた「国内医療機器最大手」への道

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

富士フイルムホールディングスが「国内最大の医療機器メーカー」になろうとしている。新型コロナウイルスの影響で事務機器やカメラの販売は落ち込む中でも大型買収を繰り返してきた医療関連事業が業績をけん引し、2021年3月期の純利益は過去最高に近い水準を見込む。危機に立ち向かう富士フイルムの強さを探った。

日本の技術者が進捗を管理

ここはデンマークの首都コペンハーゲン郊外のヒルロッド市。バイオ医薬品の開発・製造受託(CDMO)を手掛ける富士フイルム子会社の工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン