/

この記事は会員限定です

大阪ガスが挑むDX 全社員を「データ分析官」に

[有料会員限定]

大阪ガスが社内のデータ活用の仕組みを変える。あらゆる社員がガス供給量や機器稼働状況などのリアルタイムデータを検索できるようにし、商業施設の省エネ提案や家庭用燃料電池「エネファーム」の販売などで攻勢をかける。全社員を「データ分析官」に育て、業界をまたいだ競争で生き残る。

大ガスは来年4月までに、新たなデータ検索システムを本格稼働させる。顧客に販売した機器ごとの詳細なガス・電気供給量や稼働状況などのデータを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。 2020年からはDX銘柄の選定が始まり注目度も高まっています。様々な企業がDXを実践し失敗と成功を重ねてきました。 このコラムでは、いま注目すべき企業によるDXの推進事例をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン