/

アキュラホームの注文住宅、ウイルス対策を標準装備

住宅メーカーのアキュラホーム(東京・新宿)はウイルス対策を標準装備した注文住宅の販売を始めた。在宅勤務の増加で光熱費を抑えたい人に向け、太陽光発電システムも搭載した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長引く中、新しい生活様式に対応した住宅で需要を開拓する。

ウイルス対策を装備した「地球と家計にやさしい家」を販売する。住宅は2階建ての3LDKで、延べ床面積が約105平方メートル。建物の本体価格は税別1585万円からとなる。3月31日まで300棟限定で販売する。

ウイルス対策機能を標準装備したアキュラホームの注文住宅(外観はイメージ)

空気中にオゾンを発生させてウイルスを撃退する装置を設置した。空気中のウイルスを不活性化する「ウイルスキラーエアシステム」を装備。低濃度のオゾンを空間に噴霧し、空気中のウイルスやにおいに対処する。

玄関のドアハンドルや手すり、スイッチにはウイルスを短期間で不活性化させる「ウイルスシールド加工」を施し、家庭内での感染を防ぐ。床や建具にも抗ウイルス、抗菌加工を施した。

コロナ禍で在宅勤務や外出自粛の機会が増え、光熱費の負担が高まっている家庭も多い。注文住宅では発電能力3キロワットの太陽光発電システムを搭載した。家計の負担を軽減するとともに二酸化炭素の削減にもつなげる。

同社は2020年7月にウイルス対策を豊富に施した「新生活様式の家」を発表した。今回発売した「地球と家計にやさしい家」は、その際に顧客から要望の多かった機能を装備した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン