/

三菱自動車、希望退職に654人応募 募集人数上回る

希望退職者は5%弱にあたる

三菱自動車は7日、11月中旬から下旬に募集した希望退職に、654人が応募したと発表した。2020年度末時点で45歳以上の管理職や一般社員が対象で、募集人数(550人)を上回った。同社は7月に発表した中期経営計画で、希望退職などで間接労務費を21年度末までに19年度比15%削減すると表明している。 

応募した社員は21年1月31日付で退職する予定。同社は割増退職金などとして21年3月期に72億円の特別損失を計上する。三菱自単体の従業員数は19年度末に約1万4000人で、希望退職者は5%弱にあたる。同社は一連の構造改革により、固定費全体も21年度末に同2割以上減らす計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン